ほくろ占い「親指」~手のほくろ占い~

手のほくろ占い

今回は、
親指のほくろ
順々に見ていきましょう。

まずは、親指から。

スポンサーリンク

親指の概要

東洋手相学において、
親指は特に重視する部分とされています。

それは、親指は他の4本の指とは異なり、
独立して動かすコトが出来るから。

 

その動き方も他の指と明らかに異なる為、
重視する様になったのでしょう。

 

親指の形や大きさ、

そして、

手のほくろ占いから見てみると、
その人が持つ性格が現れてきます。

 

親指の大きさは、手の甲側からみて判断します。

親指を人差し指側に力まずに揃えた際、
親指の先端部分が人差し指の
第二関節(中節)に届く様であれば、長い親指。

 

第二関節のやや下辺りに位置すれば、
標準的な親指の長さとなり、
人差し指の第三関節(基節)の真ん中付近であれば、
短めの親指となります。

スポンサーリンク

長い親指の人は、強い意思を持っている!?

長い親指の持ち主は、何事にも
自分の思いを達成しようとする、強い意思の人

特に指紋がある第一関節(末節)の方が、
第二関節より長い場合は、
より行動的で決断力や判断力も高まります。

 

ですが、

あまりに親指が大きい場合は威圧感が高まり、
他人に対して強引さや押しつけがましさが強くなりますので、
そこから人間関係を崩さぬ様に注意しましょう。

短い親指の人は甘えん坊!?

短い親指の人は感情的で、
他人に頼りがちな甘えん坊の傾向があります。

同情心にあふれ、
仲間思いな面を持つ優しい人柄ですが、
その分周囲に流されやすい所が。

 

人を見る眼を養う観察力と、
情に流されない意志力を養うコトが大切になるでしょう。

 

親指の第一関節のほくろがあると、融通のきかない頑固!?

さて、手のほくろ占いでは、
親指の第一関節(末節・指紋がある箇所)にほくろがあると、
勝ち気で強引な面が高まるとあります。

ある意味、競争に意欲を燃やすタイプと云えますが、
その反面融通が利かず、頑固な面も強くなるでしょう。

 

親指が反らない場合も、
よりその傾向が高まります。

自分の考えに固執し過ぎて、
協力者が離れていくコトにならない様、
強引な言動には要注意です。

 

親指の第二関節のほくろは、恋愛に溺れやすい!?

第二関節(中節)にあるほくろは、
感情的で判断力不足な面が強くなるでしょう。

特に、第二関節の方が第一関節より長い場合、
その傾向がより強くなり、
いわゆる優柔不断なタイプ

 

また、第二関節のほくろは、
恋愛に溺れやすい面が強くなります。

ズルズルとさほど好意を抱いていない相手でも、
関係を続けやすい傾向があるので、注意が必要です。

ほくろ占いの目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ