ほくろ占い「人差し指」~手のほくろ占い~

手のほくろ占い

今回は、人差し指のほくろを見ていきましょう。

スポンサーリンク

人差し指の概要

人差し指は文字通り、
人や物を指差す際に使う指。

その為、人差し指は方向性やそこから指し示す、
自尊心のあり方を表しています。

 

手のひらのほくろは、
↓↓この記事のでも述べた様に、

>>手のひらのほくろ占い

人差し指の下のふくらみ「木星丘」は、
向上心ややる気を示しています。

 

その木星丘からエネルギーを得ている人差し指も、
長さ短さから自尊心や向上心の強さを意味します。

 

人差し指の長さの基準は、
中指の爪の付け根に人差し指の先端が届くか届かないか。

爪の付け根より長ければ、長い人差し指。
短ければ短い人差し指と判断します。

 

人差し指が長ければ、それに比例して自尊心も強いでしょう。
頑固さや強引さが目立つ様になりますが、
その分自分に厳しく、実は陰で努力する意外な一面もあります。

 

短い人差し指だと、
自己主張が弱めで損をしやすいタイプ。

向上心は高いのですが、
頭がいい分あれこれと考えすぎて、
やる前から諦めてしまう傾向があります。

人差し指が短い人はマイペースを保ちながら、
自分の得意分野をじっくり磨いて行くコトが、
自信を養う要素となるでしょう。

 

続いては、それぞれの関節部分と、
そこに位置するほくろから、
手のほくろ占いを紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

人差し指の第一関節のほくろは、小心者の象徴!?

第一関節(末節)が他の関節部より長いと、
鋭い観察力の持ち主であり、
信仰心も厚い人が多いでしょう。

短いと、非常に物質欲が強い小心者。
他人を、簡単には信じない傾向があります。

 

手のほくろ占いでは、
第一関節にほくろがあると、
小さなコトにくよくよしがちな小心さと、
目に見えない霊的存在を信じる面がより高まるとされます。

 

人差し指の第二関節のほくろは、野心家の象徴!?

第二関節(中節)が長いと、
粘り強く忍耐力があるリーダータイプ。

短いと野心がない小市民タイプで、
諦めが早い人でしょう。

 

第二関節にほくろがあると、
気の強さと野心家の一面がより強くなります。

 

人差し指が中指に近い位の長さで更にほくろがあると、
自尊心の高さも合わさり他人と衝突しがちなので、
注意が必要でしょう。

 

以前の指の付け根ほくろ占いの記事でも説明した様に、

>>指の付け根のほくろ占い

人差し指の第三関節(基節)が長いと威張りたがる気質で、
短いとリラックス感が強めで、緊張感が薄い人。

 

この位置にほくろがあると、
思いやりの欠如と共に、非常に嫉妬深い面があるので、
好きな人への束縛や暴言にはくれぐれもご注意下さい。

ほくろ占いの目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ