ほくろ占い「中指」~手のほくろ占い~

手のほくろ占い

続いては中指を見て行くコトにしましょう。

スポンサーリンク

中指の概要

中指は五本の指の中で、もっとも長い指。

 

この指は、自分自身を示す象徴であると同時に、
社会との関わり方を意味する指でもあります。

その長短や手のほくろ占いから、

行動力
柔軟性
価値観

と云った面も判断が出来ます。

 

中指の長い短いは、
手のひらとの割合から判断します。

手のひらを100%とした場合、
中指の長さの比率が80%以上あれば長い中指。

 

75%以下だったら、
短い中指になります。

長い中指であれば、
意志が強くて妥協しない、
かなり頑固なタイプでしょう。

 

自分の信念に忠実な余り、
反対の声があっても意見を貫く、
ささいなコトでもこだわりを持つなどから、
他人と衝突しやすい面もあります。

 

中指が短いとフットワークが軽く、
行動力に秀でているでしょう。

判断力もスピーディーですが早合点も激しく、
少しオッチョコチョイな面が。

 

また、熱しやすく冷めやすい傾向もあります。

続いて、中指の関節部分とそこに位置する
ほくろの意味を見て行きましょう。

スポンサーリンク

中指の第一関節のほくろは、人付き合いが苦手!?

指紋がある第一関節(末節)は、
まじめさと研究熱心な姿勢を表します。

末節が長いと、まじめな常識人。
短いと感情的でせっかちな面があるでしょう。

手のほくろ占いではこの末節にほくろがあると、
怒りっぽく人付き合いが苦手な気質が強調されます。

末節が短い上にそこにほくろがあると、
短気ですべてを台無しにしてしまうコトもあり得ますので、
短気は損気と、自戒する気持ちが必要でしょう。

中指の第二関節のほくろは、気疲れに注意!?

中指の第二関節(中節)は、責任感の強さを示します。

中節が長い人は、
責任感が非常に強く、
有能な経営者タイプ。

最後まであきらめない強い意志を秘めてますが、
その分警戒心もかなり強めでしょう。

中節が短いと、非常に楽観的なタイプ。

緊張感が低く、物事を軽くとらえがちですが、
その姿勢が無責任と映るかも知れません。

中節にほくろがあると、
神経質で警戒心の強さが、
より高まって行きます。

注意深い為、
大きな失敗には縁が無いでしょうが、
その分色々考えすぎて気疲れもしやすくなりがちに。

リラックスする時間を作るコトが大切になるでしょう。

中指の第三関節のほくろは、婚期の遅れに注意!?

中指の第三関節(基節)は、
お金の使い方を表します。

基節が長い人は質素を好む
倹約家タイプが多いでしょう。

自己中な気質を持つので、
他人におごるのもおごられるのも、
好まない傾向があります。

基節が短いとお金への執着が薄く、
散財しがちな面があります。

気前もよいのですが、
その分金欠病になりやすいので、
注意が必要でしょう。

只、基節にほくろがあると、
基節が短い人でも倹約家の傾向が出てきます。

物事に対する細かさが結婚の時期を遅らせたり、
家庭的な不和を生じさせるので、
他人の為にお金を使う考えを養って行くといいでしょう。

ほくろ占いの目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ