ほくろ占い「おでこ(額)」~顔のほくろ占い~

「顔のほくろ占い」

今回は、額(おでこ)にあるほくろを見て行きましょう。

スポンサーリンク

額にあるほくろは、
それが黒ぼくろであれ、薄ぼくろであれ、
考えるよりまず行動のアクティブタイプが多い様です。
 

額の上部中央の部分を、別名・天庭(テンテイ)と云います。

この天庭にほくろがある人は行動力があり、
ゆとりよりも忙しさを求める傾向があるでしょう。

特に女性なら、恋愛よりも仕事を優先する面があり、
実際仕事での活躍が期待出来る人です。

その分、婚期が遅れがちな傾向があるでしょう。

同じおでこの上部でも、
向かって右側にほくろがあると、
良縁運があります。

額上部の右側にほくろが良き配偶者に恵まれ、
幸せな結婚生活を送るコトが期待出来るでしょう。

良縁に恵まれている分、
異性との出会いは意外に少なめだったりしますが、
それだけ家庭円満で安らぎを得られる相とも云えます。

スポンサーリンク

ほくろ占いによると、
額上部の左側にあるほくろは、
正直者の証とされます。

それに加えて、このほくろは金運の強さを示していて、
勝負事や思わぬ臨時収入を得られる相でしょう。

但し、このほくろは金運がある反面、
浪費家の気質も含んでいます。

欲しいモノがあったら、
借金やローンを組んでも手に入れようとする強引さがあるので、
お金の使い方には計画性をつけると良いでしょう。

額の真ん中の箇所は、別名・司空(シクウ)と云います。

ちょうど、お釈迦様のおでこにある、
ほくろの位置になりますね。

とは云っても、お釈迦様のはほくろではなく、
白毫(ビャクゴウ)と云う渦を巻いた白い毛の束だったりしますが、
ここにあるほくろは、縁起が良いモノに変わりはありません。

司空にあるほくろは、発想力が豊かなアイデアマンの気質を持ち、
出世運、頭領運、金運も兼ね備えています。

その為、サラリーマンでも活躍出来ますが会社に止まるよりは、
独立した方が自らの才能を発揮しやすい傾向にあります。

尚、ほくろ占いによると、
司空にあるほくろは、晩婚になりがちな傾向が。

早婚だったとしても離別して、
晩婚になりやすい生き方になりやすいでしょう。 

ほくろ占いの目次一覧に戻る

スポンサーリンク

One Response to “ほくろ占い「おでこ(額)」~顔のほくろ占い~”

  1. 礒辺 清子 より:

    額の真ん中に、ポツンとほんとうに極小の山、点のようにできました。黒でも茶色でもなく、肌色です。脂肪のように思います。
    気になります、
    どのように考えたらいいでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ